ALT
ALT
ALT

お知らせ

診療時間(全科)

受付時間は8:30~11:30となります。(15:00以降は診療時間と同じです)

 
9:00~12:00
15:00~17:00
17:00~18:30

※15:00以降の診療で外科・整形外科については手術等により、診療できない場合がありますので事前にお問い合わせください。

※土曜午後、日曜、祝祭日は休診です。

病院のご案内

ご挨拶

ご挨拶

当院は川口市の西部、青木町公園にほど近い住宅街に昭和36年に開院。以後同59年に現在地に移転、増床した後も変わらず、今日まで一貫して、この地域の皆様の健康と安心に貢献できるよう努めてまいりました。 皆様のご支援もあり、一定のご評価を頂いておりますが、一方、この間に医療を取り巻く環境は変化し、さまざまな問題が表面化しております。なかでも医療に対する不信感の増大や、医療の高度化・専門化の弊害、高齢者の医療の問題等については、その解決に向けて、当院にも果たすべき役割があるものと思われます。 当院の目指すものは、「地域の医療と介護に貢献する病院」です。これらの方針を実践することは、真に地域に根ざした医療を皆様にご提供するために、欠かせないものであると考えます。 職員一同一丸となって、その実現に向け努力してまいります。

医療法人寿康会 病院長
渡辺一彦

理念・方針・行動指針

理念・方針・行動指針

【地域の医療と介護に貢献する病院】

方針
1:救急医療に貢献します。
2:日常診療の充実を図ります。
3:訪問診療の充実を図ります。
行動指針
1:救急体制の更なる充実に努めます。
2:患者様、介護者の方の気持ちに寄り添うよう心掛けます。
3:来院される全ての方々に不快感を与えません。常に笑顔を心掛けます。
4:各部署が互いに協力し、より質の高い医療・介護サービスの提供に努めます。
5:業務の効率化を行い、健全経営に努めます。

部署紹介

看護部

私達は寿康会病院の職員としての誇りをもち、看護師としての倫理を遵守し、患者様の心身の傷を癒せるよう寄り添った看護、地域の人々に信頼される質の高い専門性をいかした心温かい看護の提供を目指します。看護部の方針は以下の通りです。

  1. 看護の専門職としての自覚と責任を持って行動します。
  2. 患者様が「大切にされている」と感じられる看護・介護の提供をします。
  3. 安全・安楽・安心できる看護を目指します。
  4. 質の高い看護を提供するため、知識・技術・態度の習熟に努め、日々研鑽し相互啓発に努めます。
  5. 地域と連携した看護をおこなっていきます。

看護補助者

私達は主に患者様の療養生活のお手伝いをしております。 私達は患者様に最も近い存在として、常に患者様の代弁者となれるよう心掛けています。 患者様の訴えを聞き、言葉にならない心の声を感じ、身体からのサインを確実に観察できるよう努力しています。

薬局

当院の薬局では、患者様の病状に応じた調剤・服薬指導・与薬体制をとっており、安心して服薬できるような業務をしております。

ドクターズクラーク(医師事務作業補助)

患者様に安心して受診していただくため、医師が患者様と向き合える時間を少しでも多く持ち、医師の診療がより充実されるようサポートしています。円滑な診療が行えるよう、関連職種との連携にも心がけ、医師事務作業補助の運営に努めています。

医事課

初めて病院にかかる時はとても不安なものです。私達、受付では患者様に親切、丁寧に対応できるよう心掛けております。医療費制度、入院相談等ご不明な点やご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

地域医療福祉相談室

病気になると、健康な時には考えなかったような心配事が色々と起こってきます。治療費やお手続きに関すること、退院後の生活の不安、おひとりで悩まれていませんか。当院ではそのような時、患者様やご家族様のお力になれるよう、地域医療福祉相談室を設け、社会福祉士や看護師が専門的な立場から皆様のご相談に応じております。具体的には以下のような仕事をしています。些細なことでも結構です。是非、ご相談ください。

  • 退院に向けたお手伝い(介護保険等のご案内、施設のご紹介)
  • 外来受診、訪問診療に関するご相談
  • 転院に関するお手伝い(転院先医療機関のご紹介、転院調整)
  • 経済的問題に関するご相談(各種制度のご案内)
  • 地域の医療機関との連携

栄養課

入院中の食事は治療の一環であり、医師からの指示に基づき提供されます。可能な限りベッドサイド訪問を行い、喫食量や嚥下状態、嗜好の把握に努めています。患者様の病状や栄養状態に合わせ、喜んでいただける食事を目標としております。また、季節ごとの行事食や誕生日のお祝いを兼ねた月1回のおやつの日を取り入れています。

【栄養指導】

生活習慣病、低栄養など様々な栄養相談を行っております。患者様の生活に沿った食事内容で、疾病の改善、合併症予防のお手伝いをします。食事療法でお困りの点がございましたら、お気軽にご相談ください。外来栄養指導は各科外来にて予約申し込みを承っております。

 午前午後
平日9:00 ~ 11:3014:00 ~ 17:00
土曜9:00 ~ 11:30

リハビリテーション課

当課では、外来、入院患者様への運動器疾患や脳血管疾患を中心とした急性期のリハビリや地域包括ケア病床にて在宅復帰に向けたリハビリを行っています。理学療法、作業療法、言語聴覚療法の3部門があり、患者様一人ひとりに合わせたリハビリテーションを行います。外来リハビリをご希望される方は医師の処方が必要となりますので各科外来受診時に医師にご相談してください。

事務局

総務、経理、人事、設備管理、営繕また、病歴管理等も業務として行っております。幅広い業務範囲を部署内の行動指針のもと、協力しながら遂行しています。病院の方針に沿って患者様に必要とされる病院として安定運営ができるよう縁の下の力持ちとして頑張っております。

放射線科

一般撮影(いわゆるレントゲン撮影)の他にCT検査・胃透視撮影・大腸透視撮影・断層撮影などの画像検査を行って います。 ここ数年における画像診断機器の進歩は目覚ましいものがあります。以前では発見が困難とされていた病変 の早期発見が可能になり、また検査時間が短縮され、検査を受けられる患者様にも優しい環境になりつつあります。 最先端の技術に取り残されないよう、知識と技術の向上を目指し、日々努力しております。
"患者様のお体の特徴を考慮し、それぞれの患者様に合った最適な画像を抽出する"を目標とし、こまかい気配りと思い やりを持って、対応させて頂いております。 また、患者様に何度も足を運んで頂く事のないように、具合の悪い時に検査ができる用に予約検査ではなく来院当日 に検査できるように心掛けています。(ただし、前処理の必要な検査につきましては予約とさせて頂いておりま す。)

設備...一般撮影装置/全身CT/X線TV/断層装置/ポータブル装置/外科用X線装置

検査課

当検査課では超音波検査士(腹部・体表・循環器)や輸血認定技師等、資格を有する臨床検査技師4名で検体検査、生理機能検査を実施しております。
尿一般検査、血糖肝臓や腎臓機能の指標になる検査をしています。患者様の状態により、診察治療に必要な検査結果を迅速に提供しています。輸血関連の検査も、輸血認定技師指導のもと、院内にて行っています。インフルエンザ等の簡易迅速検査詳細は検査の項目を参照してください。生理機能検査は人体を検査する生体機能検査で心電図、24時間心電図(ホルター心電図)、呼吸機能検査、眼底検査、ABI(動脈硬化検査)、睡眠時無呼吸検査(簡易・精密PSG)超音波検査を行っています。
医師との連携をとり、患者様のために精度の高い検査結果を提供できるよう心掛けています

診療のご案内

外来診療のご案内

  • 保険証の提示

    診察の都度、保険証・受給者証等は必ずご持参ください。コピーは不可です。原本をお持ちで無い場合、診療費は原則自費になります。
    保険証・姓名・ご住所・ご連絡先に変更があった場合は必ず窓口でお申し出ください。

  • 外科・整形外科の手術等による休診のお知らせ

    手術等があると外来診察ができない場合があります。
    当院ホームページにてお知らせいたしますが、緊急の場合もございますのでお電話にてご確認をお願いいたします。

  • 車椅子をご利用の方へ

    院内でご利用いただける車椅子の用意がございます。ご利用希望の方は受付窓口または最寄のスタッフにお声をかけてください。
    移動時に介助が必要な方は可能な限り付き添いの方とご来院くださいますようお願いいたします。
    本館1階駐車場(建物の半地下)からはエレベーターがご利用頂けます。

  • 日本語が分からない方の受診について

    通訳ができる方と一緒にご来院ください。診断に必要な問診ができないと診断結果に差し障ることも生じかねません。

  • 下痢・嘔吐・発熱(インフルエンザやノロウイルスなどの感染症疑い)で受診される方

    まず受付で必ずその旨をお伝えください。院内感染対策上、通常とは別の場所でお待ち頂きます。

  • マスクの着用・手指消毒のお願い

    咳が出る方はマスクの着用をお願いいたします。玄関左手に自動販売機もございます。
    出入りの際は手指の消毒にご協力ください。

診療科目・診察時間

内科

かかりつけ医としてお役に立てるよう、内科全般についてのご相談を受け付けております。 必要に応じ、各専門科へのご紹介、各症状に見合った治療(インターフェロン治療やインスリン療法等)の処置を迅速に行います。また、食餌療法からインスリン療法まで、きめ細かい診療を心がけている糖尿病外来や、高脂血症、高血圧などの生活習慣病外来、さらに肝炎に対するインターフェロン治療を含めた肝臓専門外来(週一回木曜のみ)については、それぞれ専門のスタッフが診療に当たるようにしております。

※インターフェロンとは、ウイルスに感染したときにそのウィルス増殖を抑える、本来は人が分泌する蛋白質です。 (インターフェロンにC型肝炎ウイルスを入れても直接死滅させることはできないそうです) インターフェロン治療は、それを人工的に大量に生産して、長期にわたり注射で体内に送り込み、インターフェロンが人の持つ免疫システムに作用してC型肝炎ウイルスを破壊するそうです。インターフェロン治療を行うことで、ウィルスの増殖を抑えたり、肝機能を改善する効果もあるようです。

担当医:佐々木英継(糖尿病)、田口浩樹(循環器)、武本和也(循環器)、柴田博之(肝臓病)

9:00~12:00
(受付は8:30~11:30)

田口

武本

田口

佐々木

田口

佐々木

柴田

武本

佐々木

武本

田口

武本

15:00~17:00

武本

田口

佐々木

柴田

佐々木

17:00~18:30

武本

田口

武本

循環器科

一般的なご病気や健康に対する不安に加えて、高血圧症、動悸・不整脈、胸の痛みや息苦しさ、下肢の浮腫などの症状についてのご相談を受け付けております。
心電図検査(負荷心電図や24時間ホルター心電図)、呼吸生理検査、心臓超音波検査、下肢静脈エコー等を施行し検査・治療を行うことが可能です。検査結果や病状により心臓カテーテル検査などが必要な患者様は適宜、高次医療機関へご紹介させていただきます。また、生活習慣病や心臓病との関連が大きい喫煙習慣や睡眠時無呼吸症候群についても検査や治療を行っております。禁煙をお考えの患者様や睡眠時無呼吸症候群が疑われる症状(いびき、日中の眠気など)をお持ちの患者様はどうぞご相談ください。

担当医:田口浩樹、武本和也

9:00~12:00
(受付は8:30~11:30)

田口

武本

田口

佐々木

田口

佐々木

柴田

武本

佐々木

武本

田口

武本

15:00~17:00

武本

田口

佐々木

柴田

佐々木

17:00~18:30

武本

田口

武本

胃腸科

腹痛、吐き気、便秘、吐血や下血など、消化器のさまざまな症状に対して、単純・造影レントゲン、CT、上部・下部消化管内視鏡(胃カメラ・大腸内視鏡)、超音波診断装置等による精密検査が可能です。小回りのきく迅速な診断・治療を心がけております。また上部・下部消化管内視鏡、胆道内視鏡による内視鏡的処置(早期胃癌の切除、大腸ポリープの切除、総胆管結石の除去など)も積極的に行っております。胃・十二指腸潰瘍の原因となるピロリ菌の有無を調べる検査(検査の項をご参照ください)、胃癌・大腸癌検診、およびこれらの二次検診も行っております。

担当医:渡辺一彦、長江 康、大場英巳

9:00~12:00
(受付は8:30~11:30)

渡辺

大場

長江

渡辺

渡辺

長江

15:00~17:00

長江

大場

長江

長江

渡辺

17:00~18:30

渡辺

長江

渡辺

外科

さまざまな外科疾患に対し、迅速で確実な診断、治療を行えるように努力しております。以下のような疾患の手術に対応いたしております。

  • 胃、大腸・直腸手術(悪性腫瘍など)
  • 虫垂炎(盲腸)をはじめとする急性腹症(お腹が痛くなる病気)の手術
  • そけいヘルニア手術
  • 肝・胆道系の手術、特に胆石症の腹腔鏡下手術
  • 陥入爪(まき爪)、皮下腫瘍、外傷などの外来小手術

また、乳癌検診、乳腺の画像診断、乳腺の超音波下穿刺細胞診なども積極的に行っております。

担当医:渡辺一彦、長江 康、大場英巳

9:00~12:00
(受付は8:30~11:30)

渡辺

大場

長江

渡辺

渡辺

長江

15:00~17:00

長江

大場

長江

長江

渡辺

17:00~18:30

渡辺

長江

渡辺

整形外科

骨・関節・靱帯・筋肉・神経など運動器全般の疾患を対象としています。わかりやすい説明を心掛け、適切な治療をおこないます。

担当医:岩本昭彦、吉本和之

11月14日~

9:00~12:00
(受付は8:30~11:30)

岩本

吉本

岩本

吉本

岩本

吉本

15:00~17:00

岩本

吉本

岩本

吉本

岩本

17:00~18:30

岩本

12月22日~

9:00~12:00
(受付は8:30~11:30)

吉本

吉本

吉本

15:00~17:00

吉本

吉本

17:00~18:30

医師紹介

検査のご案内

動脈硬化検査

当院では血管年齢を測定できる血圧脈波検査装置を導入しております。
この機器は患者様の負担が少なく動脈硬化(血管の老化など)の程度を検出することができます。生活習慣病(高血圧、脂質異常症、糖尿病等)に伴う動脈硬化に不安を感じられる方は、ぜひご相談ください。

感染症検査

  • インフルエンザ検査(フジフィルムの迅速検査器あり)
    インフルエンザの迅速検査についてはこちら
  • A群溶連菌検査
  • マイコプラズマ検査
  • ノロウイルス検査
    ※3歳以上65歳未満の方は実費扱いとなります。

内視鏡検査・ピロリ菌検査

安全で苦痛のない内視鏡を心掛けております。食道・胃・十二指腸疾患や大腸ポリープなどに対する上部消化管内視鏡・大腸内視鏡は毎日おこなっております。(大腸内視鏡は土曜日を除く)
また、すい臓や胆道の疾患に対する内視鏡検査(ERCPなど)にも随時対応しております。上記の他、内視鏡による治療として、出血性潰瘍(吐血・下血など)の内視鏡的止血、早期胃・大腸癌の内視鏡による切除もおこなっています。
また、内視鏡による胆石の治療や胆道閉塞による黄疸の内視鏡治療(ステント留置など)にも対応しております。脳血管障害後などで経口摂取が困難な患者様の栄養補給路を確保するため、内視鏡的胃ろう造設術(PEG)にも積極的に取り組んでおります。

当院では、日本ヘリコバクタ学会によりピロリ菌感染症認定医として認定された医師による検査がうけられます。胃・十二指腸潰瘍を認める患者様の場合、胃の中のピロリ菌が潰瘍の発症、再発の原因となっていることが多いため、ピロリ菌検査を受けていただくことをお勧めします。お薬を飲んだ後、息を袋に取っていただくだけで、ピロリ菌感染の有無が判定できます。ピロリ菌は、ほとんどの場合抗生物質の飲み薬で除菌が可能で、除菌により潰瘍の再発を高率に防ぐことができます。

診療時間

 
胃カメラ(9:00~11:30)
大腸内視鏡(14:00~)

ピロリ菌とは…?

ピロリ菌は人間の胃の中に住んでいる細菌です。1980年代に発見されましたが、この菌が胃がんや胃潰瘍、十二指腸潰瘍の原因となっているということが、近年明らかになってきています。
ピロリ菌は主に幼児期に口から胃の中へ感染すると考えられています。ピロリ菌に感染するとまず、すべての人が慢性胃炎となります。その中の一部が進行して萎縮性胃炎、さらにその一部が慢性胃潰瘍や胃がんになります。日本の中高年の人の多くの人がピロリ菌に感染していますがそのなかで慢性胃潰瘍にまで進行するのは約2~3%、胃がんになるのは0.5%程度と言われています。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)検査

ご自宅で実施する検査機器をお貸出しし、簡易診断をおこなう検査のみならず、1泊入院し精密検査をおこない、確定診断をいたします。

当院では睡眠時無呼吸症候群などの睡眠障害の評価にウォッチパッド ユニファイドという最新機器を導入しております。

ウォッチパッド ユニファイド

この機器は従来の携帯用検査装置と比べ指先にプローブを1本装着し、いびき・体位センサを合わせ合計2つのセンサを装着するだけの簡便さをもち、なおかつ精度が高い機器でございます。

  • どういった姿勢のときに無呼吸の状態であったか
  • 血中酸素濃度がいくらであったか
  • 浅い睡眠であったか、深い睡眠であったか、質のよい睡眠であったか 等々

そういった詳しい情報が得られる機器です。いびき等で不安を感じられる方は、ぜひご相談ください。

※簡易検査を今まで受けられた方も、より精度の高い検査が可能ですのでご相談ください。(担当医の外来診療日等ございますので通常受付時間内に医事課へ事前にお電話でお問い合わせいただければ助かります)

睡眠時無呼吸症候群とは…?

睡眠時無呼吸症候群は大きないびきが特徴です。
いびきは睡眠中に舌が上気道に落ち込み、気道が狭くなることにより、息を吸ったときにその周囲から音がでます。このことにより体内に必要な酸素を十分にとりこむことができず、様々な症状や障害となってあらわれます。
この状態を放置しておくと、日中の眠気や倦怠感より集中力が低下し、仕事に支障をきたしたり、事故を引き起こしたりする可能性があります。また、高血圧や糖尿病等の生活習慣病との関係があると言われており、中等度以上の睡眠時無呼吸症候群を放置した場合、10年後の死亡率は16%との報告もあります

睡眠時無呼吸症候群についてのサイトはこちら

超音波検査

当院では、最新の超音波診断装置(導入機種 GE社製 ロジックE9使用)を導入し、下記の検査に対応しています。
なお、予約検査となりますので、ご希望の方は事前にご相談ください。 

心臓 心臓の大きさ、動き、壁の厚さ、弁の動きや開閉の具合などをみます。
腹部 肝臓・胆のう・膵臓・脾臓・腎臓の形、大きさ、腫瘍の有無等をみます。腸の炎症や前立腺の大きさ・膀胱、子宮卵巣も検査可能です。大動脈、胃、十二指腸、小腸、大腸等をみますので、消化管の壁に変化が発見された場合、すみやかに他の検査につなげ、病気の早期発見、治療をいたします。
乳腺 乳腺内の構造をみます。40歳以下の厚い乳腺はマンモグラフィーでは写りにくいので、超音波が有効と言われています。腫瘤の硬さも判断し、小さな腫瘤の良悪性判断の補助をいたします。
頸動脈 高血圧・糖尿病・高脂血症によるメタボリックシンドロームは動脈硬化が正常の人より20年早く進みます。頸動脈は全身の血管を反映していますので、血管の硬さを調べて早期の治療につなげます。
その他 甲状腺、体表、手足の動静脈の超音波検査が可能です。筋肉、皮膚、下肢静脈血栓動胎硬化、リンパ浮腫、体にあるしこり等も検査可能です。
LOGIQ E9
機種名:LOGIQ E9

呼吸機能検査

肺の容量や空気の通りやすさを調べます。

ホルター心電図検査

24時間の不整脈、弁膜症、虚血性疾患などをスクリーニングする検査です。
装着しながらシャワーを浴びることも可能な機器を導入しております。

眼底写真検査

眼の奥の血管を写し、血管の硬さや出血の有無を調べます。

CT検査

当院ではCT装置【Aquilion Lightning Helios Edition(80列160スライス)】を導入しております。

従来のCT装置と比べ以下の特徴があります。

①診断能力の向上
CTは一般的に金属の影響を受けやすく、診断を阻害する恐れがあります。 当該CTは体内金属が及ぼす影響をコンピュータで抑制処理することで、従来の装置では不鮮明であった部分の診断も可能となります。

②画質クオリティの向上
従来のCT装置より、コンピュータの画像処理能力が向上し、鮮明で高画質な画像表示のもとで診断が可能となり、早期の疾病発見につながります。

③患者様負担の軽減
当該CT装置は従来の装置に比べ、大幅に被ばく量を減らし撮影できる技術が導入されています。また、装置の性能向上により撮影時間が短縮され、患者様への負担も軽減されます。

入院・面会のご案内

私たちは、患者さんが療養に専念して頂き1日も早く回復されることを心から願っております。
入院中において、わからない点や困ったことがございましたら、ご遠慮なく医師・看護師にお尋ねください。

入院の手続きについて

入院が決まりましたら、入院誓約書に所要事項を記入し、捺印のうえ事務室受付に提出してください。

入院時に下記の通り保証金をお預かりします。
健康保険適応:5万円
交通事故:10万円

私費の患者様 適宜お預かりさせていただきます。同保証金は退院時にご返金いたします。

入院費のお支払いについて

入院時は、短期入院の方には退院時に、長期入院の方には月末で締め切り翌月10日ごろ請求書をお届けいたします。1週間以内(特別な場合を除く)に事務室会計へお支払いください。なお、外来会計の都合上、月〜金曜日午後のお支払にご協力ください。

個室・準個室の料金について

当院の病室には以下の個室・準個室がございます。ご利用の際しては別途ご利用料金が必要と なります。個室・準個室をご希望の方は事務員または看護師にお申し出ください。
個室 10,000円~15,000円(税別)
2人部屋 5,000円(税別)
4人部屋 2,000円(税別)

入院時お持ちいただくもの

  • 健康保険証など(老人受給者証・身体障害者手帳など)
  • 洗面用具(歯ブラシ・歯磨き粉)
    下着、スリッパ、ティッシュペーパー、湯呑(箸は食事にお付けいたします)
    必要に応じ、ウェットティッシュ、介護用品(介護用パジャマ、エプロン、水呑みなど)
  • 現在処方されている薬など(他院で処方されている目薬、内服薬などありましたらお持ちください。)

お約束して頂く事

  • 入院中は医師、看護師の指示に従ってください。また、携帯電話はご遠慮ください。
  • 火災予防に充分注意してください。病院内は全面禁煙です。
  • 病室備え付け以外の電気器具の使用はご遠慮ください。止むを得ない場合は、看護師までお申し出ください。
  • 外部からの飲食物の持ち込みはご遠慮ください。
  • 外出・外泊は医師の許可を受け、3階のスタッフステーションにお申し出ください。
  • 入院中の患者様の駐車(車、バイク)はできません。
  • 貴重品はお持ちにならないでください。止むを得ない場合のみ、一時事務室でお預かりいたします。
  • ご贈答品などは、院内規定により辞退させていただいております。
  • 退院は医師の指示により決定いたします。退院時間は、特別な場合を除き、午後となります。止むを得ない場合は看護師までお申し出ください。
  • 患者様・職員のプライバシー及び、院内個人情報 保護の観点より、院内において無断で撮影(動画を含む)や、録音、SNSへ投稿することはご遠慮ください。

入院中の療養生活について

回診 日曜・祝日以外毎日、各科ごとに回診があります。
入浴 ご希望の方は、看護師までお申し出ください。
リネン類 シーツは水曜日が交換日です。汚染時は随時交換いたしますのでお申し出ください。リース契約の方のリネン・タオル類は月曜日と木曜日に配布いたします。
テレビ 視聴時間は、午前6時から午後10時まで。必ずイヤホンをご使用ください。
※ 何かご不明な点がございましたら、看護師までお尋ねください。

ご面会について

面会時間は14:00〜20:00までとなります。

ご面会の際は月~土曜日は3階のスタッフステーションにて日曜・祝日は正面入口にて受付を行い、院内では必ず面会札をご着用頂くようお願いいたします。
入院患者様及び職員の安全確保の観点からもご理解とご協力をお願いいたします。
また入院患者様の感染防止のため、面会時のマスクの着用をお願いいたします。※3階スタッフステーション脇に自動販売機もございます。

面会受付場所 面会時間
月~土曜 3階のスタッフステーション 14:00~20:00
日曜・祝日 正面入口

医療連携

医療連携

"地域の医療と介護に貢献する"を理念としている当院では、療養生活に伴って生じる様々な心配事についてご相談を受けております。 「介護で困っている」、「退院後が心配…」など、お気軽にご相談ください。
また、病院や診療所からの、転院や入院、在宅医療(訪問診療)のご相談も受けております。

相談をご希望の方は、地域医療福祉相談室までお電話ください。または、病院受付にお申し出いただければお話を伺うことができます。(状況によりお待たせすることがあります。ご了承ください。)
※相談については、秘密を厳守いたします。
※相談は無料です。

受付時間 9:00~17:00(月~金)
(月・水・金は18:30まで)
お問合せ 寿康会病院 地域医療福祉相談室
048-251-2057(直通)
048-251-2050(代表)
担当:長江 / 近藤 / 奥園

アクセス

施設名 医療法人寿康会 寿康会病院
住所 〒332-0035
埼玉県川口市西青木2丁目15番10号
電話番号 048-251-2050

電車・徒歩の方
JR京浜東北線 西川口駅東口駅より徒歩13分
西川口駅よりは、徒歩又は、タクシーをご利用ください。

バス利用の方
・川口駅東口7番乗場(川19/20)戸塚安行駅/東川口駅南口行き
・川口駅東口8番乗場(川23/川23-2) 新井宿駅/川口市立医療センター行き
・川口駅東口9番乗場(川18) 鳩ヶ谷公団住宅行き

上記バスにて、川口駅より約10分 中青木4丁目バス停下車 徒歩300m
※国際興業バス時刻表で停留所の時刻表がご確認いただけます。

お車の方
大泉方面より川口西IC川口駅方面へ15分
三郷方面より川口中央IC川口駅方面へ15分
駐車場あります(15台位駐車可能です)

お問い合わせは電話 048-251-2050(代表)またはメールにてお願いいたします。
 
お問い合わせの際は、お名前、住所、電話、メールアドレス、性別、お問合せ内容をご記入ください。
※プライバシーの保護に基づき、送信頂いた個人情報を第三者に開示することはありません。
※個々の診断、治療に関わる医療相談については、お答えできません。
看護師・ヘルパー採用情報
その他採用情報
ケアマネスポット寿康会